2010年11月30日

海老蔵さん「灰皿にテキーラ」でトラブルか

歌舞伎俳優・市川海老蔵さん(32)が顔などを殴られて大ケガをした事件で、当時、海老蔵さんが一緒に酒を飲んでいたグループに灰皿に入れたテキーラを飲ませようとしてトラブルになっていた可能性のあることがわかった。

 警視庁によると、逮捕状が出ている男(26)は、25日午前3時から6時半ごろ、東京・港区西麻布のビルで、海老蔵さんの顔を殴るなどしてケガをさせた傷害の疑いが持たれている。海老蔵さんは全治6週間の大ケガで、現在も入院している。

 警視庁の事情聴取に対し、海老蔵さんは「知人の暴走族のリーダーが酔いつぶれ、その仲間の黒人風の男に暴行を受けた」などと話している。逮捕状が出ている男は、アメリカ人の父と日本人の母のハーフだという。

 一方、捜査関係者によると、当時、海老蔵さんは酒に酔っていて、リーダーの髪をひっぱり、頭に酒をかけるなどしていた。また、男の関係者によると、海老蔵さんは灰皿にテキーラを入れ、一緒にいたグループに飲ませようとしていたという。

 警視庁は、こうしたことからトラブルになり、事件に発展した可能性があるとみていて、行方がわかり次第、男を逮捕してトラブルの原因などを詳しく調べる方針。
posted by 5本指シューズ at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<おひさま>「旬の4人そろえた」チーフプロデューサーが語るイケメン4人起用理由

女優の井上真央さんが主演する11年春の朝の連続テレビ小説「おひさま」で、井上さん演じる須藤陽子の将来の夫を高良健吾さん、初恋の人を金子ノブアキさん、2人の兄を田中圭さんと永山絢斗さんがそれぞれ演じることが、29日の記者会見で発表され、制作統括を務める小松昌代チーフプロデューサーが、それぞれの起用理由を明らかにした。戦争をはさんだ昭和の激動の時代を生きた男性4人ということで「それぞれにドラマチックな人生が用意されている」という小松チーフプロデューサーは「時代の重さもそれぞれに背負うので、重みがちゃんと出せる方を選んだ。朝ドラ50周年ということで2010年の旬の4人をそろえたつもり」と自信を見せた。

 陽子の大切なパートナー・丸山和成を演じる高良さんについて、小松チーフプロデューサーは「内面に熱さと温かさを同時に秘めている圧倒的な存在感を放つ人。映画を中心に活躍されてきたが『どこまで芝居なんだろう』と思うくらい、その人物として世界の中に立っている。私たちが見たことのない顔をぜひ見たい」と起用した理由を説明した。役作りに関しても「役に寄り添う方なのでみっちりやるのでは。職人の高良さんを見られると思う」と期待を示した。陽子の初恋の人・川原功一を演じる金子さんについては「川原は陽子が今まで会ったことのないタイプの男性。まっすぐでナチュラルで、人の心の中に入ってくる、金子さんそのもの」と評価。金子さんにはハーモニカの演奏も初披露してもらう予定だという。

 陽子の3歳年上の兄・春樹を演じる田中さんについては「兄として、一家の長男として、医者になることを心に決めて使命感に生きる人。春樹は、確かな演技力で役を支えてくれる人でなくてはいけない」と話した。さらに、「今後秘めた恋も演じてもらうため、実は色気のある田中さんにお願いしました」と決め手を明かした。1歳年上の兄・茂樹のキャスティングについては、小松チーフプロデューサーが「今一番ほっとけない男子」だという永山さんを起用。「茂樹は、まっすぐな男でありたいと頑張る昭和の男子ながら、ナイーブな一面を持った役で、永山さんがぴったりだと思いました。一番最初にお会いした時、脚本家にもほめられました」と笑顔で話した。

 また、4人の劇中での衣装について、高良さんは坊主頭、田中さん、永山さん、金子さんの3人はマントを羽織った学ラン姿を見せることも明かされた。小松チーフプロデューサーは「永山さんは人生初のゲタに挑戦です。衣装合わせで見ましたがかっこいい。金子さんは気に入って『このままライブに行きたい』と言っていた」と語り、ストーリー以外の部分でも期待だ。

 「おひさま」は、昭和7(1932)年から、戦前戦中を挟んで昭和30年代までの長野県の安曇野と松本を舞台に、おひさまのような明るい希望で照らすヒロイン・須藤陽子がそばと出会い、人々の心をそばでつないでいくドラマで、井上さんは16歳から30代の頭までを演じる。「銭ゲバ」(日本テレビ)、映画「いま、会いにゆきます」などの岡田惠和さんのオリジナル脚本で、岡田さんが脚本を担当する連続テレビ小説は、01年の「ちゅらさん」以来10年ぶり。ドラマは11年3月28日に放送開始。
posted by 5本指シューズ at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

ファイブフィンガーズの魅力

5本指シューズ ビブラムは人間本来の姿である裸足で歩くようデザインされています。

足の指を開くことによって足の筋肉強化、動作範囲の拡大が望め、一般的に足の健康を改善してくれます。

また、下腿部の筋肉を刺激して背骨をまっすぐにして姿勢をよくするほか、バランスや機敏性も養います。

そのほかの特徴として「足を保護してくれるヒールカウンター」、「履き心地を調整できるゴムひも」、「焼けた砂や突起状の岩からの保護」、「足の指を入れるスロットは自然な歩行が出来る為に機敏性、安定性を高める」などがあります。

日本で販売されているファイブフィンガーズは現在3種類あります。

ファイブフィンガーズクラシック】はオーソドックスなスリッポンのような形で比較的軽めのスポーツやアウトドア向けです。

ファイブフィンガーズスプリント
】は甲の部分をベルクロストラップで固定するタイプで本格仕様。サーフィンやカヌーなどに最適です。

【ファイブフィンガーズサージ】レインシューズのように足首まで保護できるタイプで釣や本格的なアウトドア向けです。

どんな地形、地面でも抜群のグリップ力を発揮し、足を保護してくれます。

ストレッチに優れた素材は薄いが摩耗にも強く速乾性にとても優れています。

スポーツや健康に興味がある方は試して見る価値はありそうです。

posted by 5本指シューズ at 16:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。